こんな悩みを抱えていませんか?

こんな悩みを抱えていませんか?もしあなたが、こう考えている人事担当者ならば、このご案内はきっとお役に立つはずです。なぜなら、これからご案内するのは『確定拠出年金という名前は聞いたことがある』というレベルの方でも、しっかりと制度の内容を理解し、『どうやって導入をすればいいのか』『一体どんなメリットがあるのか』『他の年金制度との違いは何か』こういった疑問が一気に解決する方法だからです。あなたが確定拠出年金の導入について少しでも関心があるのなら、このままこのご案内を読み進めて下さい。

確定拠出年金ってどんな制度なの?

まず最初に、確定拠出年金がどういった制度なのか?ということを少し一緒に見ていきたいと思います。確定拠出年金は、2001年10月から日本に導入された年金制度です。従来の退職金制度や確定給付型の企業年金とは違い、会社が退職金を管理するのではなく、個人が自分の責任で退職金を管理するという点で大きな違いがあります。

確定拠出年金を活用することで、会社は退職金の積み立てを自社で行う必要がなくなり、将来の財政的なリスクを大きく軽減することができます。

さらに、社会保険料や税制優遇も国から公的に認められている制度ということで、現在は多くの大企業が取り入れている制度です。

最近では、NTTグループ、ファーストリテイリング(ユニクロ)、三菱東京UFJ銀行、ANA、パナソニックなど、有名企業が導入を発表して紙面をにぎわせていましたよね。

現在、確定拠出年金の導入企業は2万社を超え、加入者数も500万人を突破しています。

では、一体なぜ多くの企業がこぞって確定拠出年金を導入しているのでしょうか?

その理由は、確定拠出年金にはこれらの5つのメリットがあるからです。


確定拠出年金を導入することで得られるメリット

将来債務を回避することができる

確定拠出年金というのは、自分の会社の内部にお金を積み立てをする必要がない企業年金です。個人ごとに作られた確定拠出年金専用の口座にお金が入る仕組みになっています。

 

これが何を意味しているかとうと、将来債務を抱える必要がないということです。

 

確定給付型企業年金などの場合は、必要なお金を計画的に内部にためておく必要があります。なので、もし運用に失敗してしまった場合、会社が多額の債務を抱える危険性があります。

 

しかし、確定拠出年金はその危険性が全くありません。

 

つまり、確定拠出年金は会社が金銭的なリスクを抱えなくても良い制度になっています。

また、従業員にとっても拠出したお金はその時点で個人の財産として保護されるので、従業員の財産の保全という意味でも安全なものになります。

大幅に社会保険料を削減することができる

確定拠出年金の大きなメリットとして、拠出した金額が社会保険料の算定対象にならないということが挙げられます。

例えば、従業員1名が1万円昇給をすると、約1500円、会社負担の社会保険料が増えます。しかし、この昇給分を確定拠出年金に置き換えることによって、その分の社会保険料を削減することができるのです。

一人一人を見るとそこまで大きな金額にはなりませんが、加入者が増えると社会保険料の削減効果はその分大きくなります。

仮に従業員250人の会社が1人あたり1万円を給与から確定拠出年金に振り替えたとすると、年間で約450万円の社会保険料の削減効果があります。(拠出する額によって社会保険料の削減額は変わるので、場合によってはこれよりも大きな社会保険料の削減効果が出ます)

社会保険料の削減というのは、どの会社でも大きなメリットがあります。

なぜなら、削減できた金額がそのまま利益になるからです。

 

確定拠出年金は、国に認められている数少ない社会保険料の削減方法の1つです。

従業員満足度の向上に繋がる

確定拠出年金は、会社だけではなく従業員にとっても大きなメリットがある制度です。

 

なぜなら、確定拠出年金として拠出した分のお金には所得税・住民税がかからないので有利な老後資産の形成ができるからです。

また、運用をして利益が得られた場合は通常20%の税金がかかりますが、確定拠出年金の場合は非課税になります。

さらに、確定拠出年金で積み立てた資産は60歳から受給権があります。そのため、定年である60歳から、公的年金の支給開始の65歳までの5年間の空白期間でも年金としてお金を受けることが可能です。

年金の不安がある現代、こういった『老後の生活に安心感を持ってもらえる』制度が会社にあるのは従業員満足度を高める1つの要因になります。
自由に制度設計ができる

確定拠出年金というのは、その会社の状態やニーズに合わせて設計ができる柔軟性の高い制度になっています。

例えば、よくある勘違いとして確定拠出年金は企業の負担だけが増えると思われていますが、財形貯蓄のような形で従業員に自分の給料から天引きしてもらう制度を設計することもできます。(また、その金額を自由に設定することもできます)

こうすれば、会社の負担が少ない形で制度を導入することが可能です。

ユニクロを展開するファーストリテイリングも『選択制確定拠出年金』を導入して話題になりましたが、これは会社にとっても従業員にとってメリットが大きく、柔軟性の高い制度設計になっています。

 

こういった制度設計の方法は、大企業の為だけのものではありません。中小企業でも、同じようにメリットを享受することができます。

採用を有利に進めることができる

確定拠出年金を導入することは、採用に良い影響をもたらします。

なぜなら、確定拠出年金を導入している企業は『国の法律に基づく企業年金制度』を導入していることを対外的にアピールできるので、人を採用する上でのプラス効果が期待できるからです。

また、『大企業と同じレベルの福利厚生が整っている会社』というイメージを持ってもらうこもできます。

さらに、既に確定拠出年金を導入していた会社から転職をしてくる人にとっては、転職先が確定拠出年金を導入しているかどうかは大きな判断要素になります。なぜなら、確定拠出年金を導入している企業であれば自分が今まで使っていた有利な制度を引き続き利用できるからです。

 

優秀な人材を獲得するには会社の制度を整える必要があります。
そして、確定拠出年金を導入することは、その体制を整える為の有効な手段です。

でも、教えてくれる人がいない・・・

こういったメリットがあるからこそ、NTT、ファーストリテイリング(ユニクロ)、三菱東京UFJ銀行、ANAなどの大企業も確定拠出年金を導入しているのです。

しかし確定拠出年金は、こういった大企業が採用をしていることもあり『大企業の為のもの』と思われがちです。

 

でも、それは全く違います。

確定拠出年金というのは、中小企業こそメリットを受け取る事ができる制度になっています。なぜなら、確定拠出年金は従業員数が多いことで得られるスケールメリットがあまり存在せず、制度の導入にかかるコストもそこまで高くないからです。

しかし、確定拠出年金の導入率は、300人以上の大企業でも26.1%に留まり、100〜299名でも12.4%、99名以下だと0.6%しかありません。

 

なぜ、せっかく大きなメリットがある確定拠出年金がまだあまり広がっていないのでしょうか?その理由は簡単です。

 

確定拠出年金の制度や導入について教えてくれる人がいないからです。

大企業の場合は付き合いのある金融機関が確定拠出年金の導入を全てサポートしてくれるので問題なく導入をすることができますが、中小企業の場合はそうはいきません。

きっとあなたも、『確定拠出年金のことはそもそも誰に聞けばいいのかわからないし、どうやって勉強したらいいのかもわからない』というのが本音ではないでしょうか?

会社にとってもメリットが多い国の制度を活用できている所が少ないのは、非常にもったいないことだと思います。

そこで・・・

 

確定拠出年金の制度の内容や導入方法についてよくわからない方でも、制度の内容と実際の導入方法を完全に理解し、今までよくわからなかった確定拠出年金のことが一気に理解できるセミナーを開催させて頂くことになりました。

遅くなりましたが、ここで自己紹介をさせて下さい。

株式会社アセット・アドバンテージ 代表 確定拠出年金相談ねっと主宰

山中 伸枝

1993年、米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後、メーカーに勤務し、人事、経理、海外業務を担当。留学経験や海外業務・人事業務などを通じ、これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーを目指す。

2002年にファイナンシャルプランナーの資格であるAFPを、2004年に同国際資格であるCFP資格を取得した後、どこの金融機関にも属さない、中立公正な独立系FPとしての活動を開始。

現在は確定拠出年金を専門にするFPとして活動を行なっており、従業員2万人以上の大企業から中小企業まで、幅広く確定拠出年金の研修や導入のサポートを行なっている。

各種メディアからも多く、フジテレビ『教訓のススメ』への出演や、日経新聞からから取材を受けるなど、多数のメディア出演実績がある。

確定拠出年金のコンサルティングを行えるFPの養成にも力を入れており、一般社団法人公的保険アドバイザー協会の理事として、主に保険のプロ向けに公的年金なども含めたアドバイザー育成を行なっている。

また、プロとして活躍しているファイナンシャルプランナー向けに確定拠出年金コンサルタントの育成を行なう確定拠出年金ビジネスアカデミーの理事も務めている。

【著書】
給与明細でわかる税金と社会保険の大原則
ー翔泳社
投資知識ゼロでもよくわかる かんたんFX入門
ー翔泳社
名著60冊をスッキリまとめた「お金持ち」のきほん
ー翔泳社
積立で1億円準備する「お金育て術」Q&A
ーセルバ出版
今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方
ービーケイシー
「なんとかなる」ではどうにもならない 定年後のお金の教科書
ークロスメディアパブリッシング

著書一覧

セミナー・メディア掲載実績

フジテレビ『教訓のススメ』に年金の専門家として出演

日本経済新聞2016/1/16付け朝刊 はじめの一家修行中にコメントが掲載されました

日本経済新聞2015年12月2日付「年金保険料 損せぬ払い方」にコメントが掲載されました

日本経済新聞2015年11月4日付「130万円の壁:超えて働く」にコメントが掲載されました

日本経済新聞2015/12/5付け「控除・前納・免除…年金保険料、損せぬ払い方」にコメントが掲載されました

JIJICOに「働く女性だからこそ!将来へのリスクに必要な備え」が掲載されました

モーニングスターに記事「個人年金保険と確定拠出年金は何が違うの?」が掲載されました

新日本保険新聞に記事が掲載されました


セミナーでお伝えする内容を紹介します

確定拠出年金・退職一時金・中退共・確定給付企業年金(DB)のメリット、デメリット一覧を説明

色々な種類がある企業年金ですが、それら全て比較しながら説明をしていきます。この説明を聞けば、『自分の会社には何が一番あってるのか?』という疑問をスッキリ解決することができるでしょう。

確定拠出年金導入までの流れをステップバイステップでわかりやすく解説

導入までに必要な作業を時間軸に沿って1つ1つ説明をしていきます。この解説を聞けば、『こうすればうちの会社でも確定拠出年金の導入ができるんだ!』ということがわかるようになります。

確定拠出年金導入にかかるコストを公開

制度を導入するにあたっては、コストを把握することは重要ですよね。そこで、確定拠出年金を導入するにあたってのコストを具体例を挙げながら説明をしていきます。

確定拠出年金の導入後もスムーズに制度を運用していく秘訣

確定拠出年金というのは、ただ導入して終わりという訳ではありません。継続的に制度の運用をしていく必要があります。そこで、どうやったら社内で不満が上がらなようにスムーズに制度の運用ができるのか?その秘訣を公開します。

確定拠出年金が大企業だけのためのものではない理由

この説明を聞けば、中小企業が確定拠出年金の制度をフルに活かして大きなメリットを受け取る方法がわかります。

確定拠出年金の導入に必要な事前準備とは?

これを事前に理解していれば、スムーズな制度導入が可能になります。

確定給付型企業年金(DB)の見直し方法

確定給付型年金を見直すことによって、将来債務を回避し、財政的リスクの少ない年金運用を実現することができます。

厚生年金基金解散後に確定拠出年金にスムーズに移行する方法

厚生年金基金解散後の確定拠出年金移行は、少し複雑な手続きを踏まなくてはなりません。しかし、その方法を理解していれば問題なく移行ができますのでご安心下さい。

退職金制度を見直して確定拠出年金にスムーズに移行する方法

退職金制度を見直して確定拠出年金に移行する場合、いくつか検討すべきポイントがあります。そこで、何を検討すべきなのか?ということと、実際の移行の流れについて説明します。

確定拠出年金の抱えるデメリットとは?

制度導入にあたっては、メリットだけではなくデメリットも把握することが重要です。そこで、確定拠出年金の制度が抱えるデメリットについても説明していきます。

失敗しない運営管理機関選びと付き合い方

確定拠出年金を運用するにあたっての窓口となる金融機関は『運営管理機関』と呼ばれていますが、この運営管理機関をしっかりと比較して選ぶことは非常に大切なポイントです。なぜなら、運営管理機関によってかかるコストやサービスの内容が異なるからです。

企業規模別のケーススタディを公開!

実際の導入例を取り上げて複数のケーススタディを紹介しますので、あなたの会社と同じような会社がどのように確定拠出年金の運用を成功させているかを知ることができます。

成功する従業員研修(投資教育)のポイント

確定拠出年金の導入のハードルの1つとして、『従業員に投資教育を行い、運用責任に対する十分な理解を求める必要がある』ということが挙げられます。ここでつまずいてしまう企業も多いので、この従業員研修を成功させるポイントをお伝えしていきます。

会社にも従業員にもメリットが大きい、ユニクロが活用している”選択制”確定拠出年金とは?

ユニクロを運営するファーストリテイリングが導入して話題になった”選択制”確定拠出年金の運用方法を詳しく解説します。この運用方法は会社にも従業員にもメリットが大きい方法で、あなたの会社も導入することが可能です。

あなたの会社にぴったりな運用方法がわかる!確定拠出年金運用の全てのバリエーションを公開

確定拠出年金にはいくつかのバリエーションがあり、あなたの企業に合わせた制度設計ができるのを知っていましたか?実際に活用できる全てのバリエーションをお伝えするので、あなたの会社にぴったりなスタイルを見つけることができます。

年間900万円の社会保険料を削減した確定拠出年金運用の実例を公開!

確定拠出年金の社会保険料削減効果を活用して年間900万円の削減に成功した企業の実例を詳しくお話させて頂きます。会社の規模にもよりますが、場合によってはこのような大きなコスト削減が可能になります。

確定拠出年金を一気に理解することができます!

このセミナーにご参加頂ければ、退職一時金、中退共、確定給付企業年金(DB)と確定拠出年金の違いやメリット・デメリットがわかり、『どの企業年金が一番自分の会社に合っているのか』を完全に理解することができます。また、確定拠出年金の詳しい内容や導入の具体的な方法、導入後のスムーズな運用方法、付き合うべき運営管理機関がわかるので、『確定拠出年金を導入したい』ということであれば、必要な知識を一気に身につけることが可能です。また、一方的な講義ではなく質問も受け付けますので『うちの会社の場合はどうなんだろう?』という疑問も解決することができます。確定拠出年金に関する書籍や説明会というのは、今の所ほとんど存在しません。
なので、このセミナーは確定拠出年金の実務的な知識が得られる貴重な機会になるでしょう。
ただし、1つだけ謝らなければならないことがあります。それは、このセミナーは少人数で開催する為、定員に達したらその時点で受付を終了してしまうということです。少人数で開催をした方が理解を深めて頂くことができますし、個別の質問にも答えやすいので、こういった形にさせて頂いています。定員については、8名程度を予定しています。多少であれば対応ができるかもしれませんが、この人数を超えた時点で受付を締め切らせて頂きますので、ご注意頂ければと思います。もしあなたが確定拠出年金についての理解を深めたいのなら、今すぐこの下にあるフォームに必要事項を入力して参加の意思をお知らせ下さい。あなたのご参加を楽しみにしています。

セミナーの詳細

日程 10月27日(木)
時間 14:00〜17:00(13:45受付開始)
受講料 5,400円
お支払い方法 クレジットカード、銀行振り込み
定員 8名
開催場所 株式会社アセット・アドバンテージ (銀座ビジネスセンター内)
住所 東京都中央区銀座6丁目6番1号 銀座風月堂ビル5F
アクセス 最寄駅:地下鉄「銀座」(日比谷線・銀座線・丸の内線)B5出口徒歩2分
JR 「有楽町」徒歩5分
※1階は風月堂喫茶です。5階に上がられましたら受付で「山中」をお呼び出し下さい
会場地図

セミナーお申し込みフォーム


お電話番号[必須]
会社名[必須]
お名前[必須]
メールアドレス[必須]
お支払い方法[必須]